夫妻はどんな相互に不感症を治療しますか?

実は、妻の不感症を治療して主に夫の努力に依ります。夫は妻性生活にある個々の詳細に配慮しなければいけなくて、ともに終わる交流した仕事。夫は言語と愛撫によって妻の考えに性生活を集中させることができて上がって来て、全身的に局部にしだいに集中することから。夫妻双方から共同でこの女性のセクシーを演繹して法を集中します。夫の根気がうまく妻不感症を治めるキーポイントであると言うべきです;同様で、うまく夫の早漏を治めて妻の助けを同様に要する。具体的に以下の幾方面から着手します:

1、日常の採用した男の上位を放棄する。採用したこの体位のため、男子はよくひざを使うことができて、肘部は重い身体を支えていて、脊髄と神経の興奮性を引き起こして増えることができて、身体のいくつかの部分神経の緊張と筋肉の張力を高めて、容易に早漏が発生します。そのため女上位、側の位などの体位を採用することができます。

2、ホドホドに性生活回数を増やす。一般に考えて、青壮年はもし性生活の回数に毎週のに2回くらい調整させれば、早漏現象はすでに緩和あるいは消失ができる。性生活のための回数の越多は、射精が現われる時間は晩を越えます。当然で、性生活は同様にことがありしばしば、でなければ健康に危害をもたらすことができる。

3、陰茎を高めることは耐えることができて性的刺激の能力を受けます。男性は少しの方法自我を採用して訓練して、2回毎週1~をして、3カ月以上持続するように、良好な効果を受け取ることができます。3種の方法があり最も常に採用し:

(1)妻から夫のために陰茎がマッサージして、射精が現われて急迫した感覚後に、すぐにマッサージすることを停止することを扱って、その後後ろに向かって下側は睾丸を引くことを引いて、夫を助けてなくして急迫して感動させる。急迫して消失後を感動させることを扱って、再度マッサージし始めることができます。とても反復した3~4回後は、再び射精することを許可します。

(2)妻から指で夫の陰茎にマッサージをして、射精が急迫して感じがあることを扱う時は、すぐにマッサージすることを停止して、その後親指を陰茎の頭の裏に置いて、食指中指を陰茎の腹の側心房室溝に置いて所を持つことを結んで、陰茎の根方向に向けていて4秒3~をつまを押し込んで、その時男子の射精急迫した感じ会は完全に消えて、その後さらに再度マッサージし始めます。とても反復した3~4回後は、再び射精することを許可します。

(3)保温の情況下にあって、妻から先に40の度左右での温湯温湿布陰茎、陰嚢と内股部分は、射精が現われて急迫して感動させるときに、すぐに温湿布を停止して、陰茎にさらに対して、陰嚢部分は寒い水で敷を貼って、射精を防止することによって。毎回訓練して、1分くらい段階で持続し始めて、今後訓練した時間をしだいに増やすことができて、病人の耐えることができることに至るまで宜とすることを受けます。耐えることができるように50回以上受けることは素早く刺激であってそれで射精しなくて、すると性生活を回復することができます。

From 女性不感症の治し方大全集!, post 夫妻はどんな相互に不感症を治療しますか?